読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロングボールを跳ね返し続ける日々

さいきん、身体が、おかしかった。

起きたら、あたまが、痛い。

 

土日は休み。

休日という文化はキリスト教で定められたんだっけ?

浮かんだ疑問に対して、検索する気にもならない。

何にせよありがたいもんなんだろ。

 

仕事が忙しくなると、僕はこうなる。

サッカーの日本代表が、試合終盤、屈強なオーストラリア代表に

ロングボールを放り込まれ続けている状態と、よく似た状況に陥る。

 

一生懸命跳ね返す。

こぼれたセカンドボールは拾えない。

また放り込まれたボールを跳ね返す。

後手後手だ。

 

こういう時の精神状態はよくない。その気持ちは日々にすぐに反映される。

部屋に洗濯物はたまり、洗い物はたまり、ゴミがたまる。

挙げ句の果てには、カゼひいたり、肌がボロボロになったりする。

何度もやってきて、分かっているんだ。

”跳ね返す”という行為に頭が一杯になってしまい、自分のペースを作れない。

 

 

そんな日々をようやく乗り越えて、少し落ち着いた兆しがあったからか。

身体がフッと緩む。本当に重荷がとれことを実感できるときがある。

開かれた心は癒しを求め、大量の睡眠を必要として、脳は考えないことを求めた。

 

 

というわけで、今日は土曜日。

えっちな動画やら、さまぁ〜ずのトーク番組なんかを。

少し古くて重いiPadを両手で精一杯上にあげて、寝転びながら距離をとって眺めている。

 

 

はてなブックマークもチェックしよう。

LINEで自殺を促したことで逮捕された学生のニュースを知る。

その流れで、自殺した女子大生が書いたブログを読んだ。

 

絶望した時に発狂から救ってくれるのは、友人でもカウンセラーでもなく、プライドである。 - 続!愛をください!

 

素晴らしい文章だった。

一つ目のエントリー。彼女の表現力の全てが躍動していた。

事件のことに関しては、何も言える言葉をもっていない。

ただ、何かを失っているヒトの表現が圧倒的に放つ鮮やかさが、たまらなかった。

 

 

マツコデラックスさんの著書の一文を思い出す。

2年前くらいに五反田の本屋で見かけた書籍、世迷いごと。

僕のEvernoteに、文章の切れ端がメモされていた。

 

「これはアタシの勝手な決めつけなんだけど、女優や歌手として大成しようと思ったら、絶対、結婚なんかしていられないんだよ。家庭に安らぎなんて求めちゃダメなんだよ。表現するってことは、生き様を見せる事でもあるの。幸せな家庭があって良い旦那がいて、子供がスクスクと育って、安らぎがあって・・ということは素晴らしいし誰もが手にする権利なんだけど、それを手にするってことは何か一つ失っちゃう事でもあるんだよ」

 

 

彼女が精神の病を患っていたことしか、わからないんだけど。

だけど、満たされていたら間違いなく、こんな文章は書けない。

人生はトレードオフなのか。

彼女の文章を読めた僕は幸せであったが、彼女はもういなくなってしまったのだ。 

ただ、残念だと思うしかなかった。

 

少し、意気消沈した後、たまった洗濯物を干しているとチャイムが鳴る。

ブックオフオンラインで取り寄せた本が届いた。

はて、なぜわざわざ頼んだんだっけ?

開いて気づく。・・・これか。

ダンボールの中には”アダム徳永”の本が入っていて、過去の自分がなぜ本を店頭で買えなかったのかを理解した。

 

 

そろそろマイボールにしよう!

 

 

心の中の長谷部キャプテンがそう叫んだ気がして、僕はファミレスに夜中から繰り出して、アダムタッチを極めるべく、本を読みながら自らを”さわさわ”していた。

 

このファミレスは1階が駐車場のタイプだから、横の道路をデカいトラックが通ると店全体が揺れるが、店員は当たり前のように仕事をしている。

そんな不安定な立地の深夜のファミレスで、触れるか触れないかのアダムタッチを、自らの手で試している。

  

 

ようやくマイボールなんだろ。

本当は積極的に攻めて、崩さなくてはいけない。

前に打って出なければゴールにならない。

そんなことはわかっているのに、足は動かない。

僕ははこうやって自分に甘くなりながら、タイムアップを迎えるのだろうか。

 

 

 女子大生の言葉を借りる。

 

「この世界に、ほんの一瞬でも、さわれたことが嬉しいのだ」

これからどんどん生長しても、 少年たちよ、容貌には必ず無関心に、 煙草を吸わず、お酒もおまつり以外には飲まず、 そうして、内気でちょっとおしゃれな娘さんに 気永に惚れなさい。 - 続!愛をください!

 

彼女は、世界と自分の関係に苦しみながらも、世界にさわれる瞬間のありがたみを、知っていた。

 

 

ああ、そうか。僕も誰かの心にさわりたいのである。

言い換えると、世界にさわりたいのだ。

深夜のファミレスから世界を夢見ていたのだ。

 

そして、押し込まれる日々で世界に慣れてしまっている場合ではないのだと、

大事なことを彼女から知らせてもらった気がするのだ。

ちゃんとお礼を言おう。

 

 

生きていることに、気づかせてくれて、ありがとう。

 

 

さて、はたして僕は。

これからの日々をマイボールにできるだろうか。

セカンドボールは、きちんと拾えるだろうか。