夢をみるのに夢をみる

夢見る少年じゃいられない


歌手になるという夢をおっかけてる。

夢があまりに大きすぎて、ちょっと笑ってしまうくらいの夢。

アカウントもyumesalary(夢サラリー)だ。

なんだか訳がわかんない名前だな。


小さい頃の夢を思い出してみる。

僕は、自分の夢はどうでも良かった。

周りの子供の夢を意識していた気がする。

どれどれ、君たちはどんな夢を見るのかい??



「宇宙飛行士」「プロ野球選手」


アホか。なれねえよ、そんな超人気職業なんて。

こっちは必ず手に入れられる夢をみるんだよ!!


僕は、自分の夢を。


卒業文集に書きなぐった。




「ガードマン」


何だろ、この夢。

ガードマンが現実的な夢なのかどうかはよくわからん。

ただ、何かを守りたかったのだろう。

今思うと、父親が嫌いだった幼少期もあり、母親を守りたかったのかな、とも思う。


結局、今はサラリーマンだ。

ガードマンだって「ガードしてサラリーをもらう」訳だから、
僕は夢を叶えた事になる。


やったね!


本当に、やったね・・・



夢をみるばかりに、変な夢をみる


正社員でいられる事をありがたく思わないといけない。という時代。

立派な正社員として、立派にスーツを着て、それらしく生きている。


僕はその、愛すべき「それらしさ」を捨てようとしている。


そんな最近、夢をしょっちゅう見る。


小学校時代の友達が遊園地のでっかいタワーから落っこちる夢。

その後、空港だかデパ地下だかにいるときに、母親が死ぬということを聞かされる。

泣きながら、椅子を殴った。

「知り合いが2人も死んだんですよ。」

こんな不幸な日があるのかと泣いていた。



なんて嫌な夢なんだ。

Google先生に訪ねると、まさに!というサイトを教えてくれた。

さて、死ぬ夢は多いです。夢の解析の特徴でもありますが、ありえない事、悲しい事
ひどい事などは夢の意味からしたら、良い意味の事になります。
誰かが死んでワーワー泣いている夢などは、寝覚めが気持ち悪いですね。

心配だし、ましてや、自分が死ぬ、殺される、誰かを殺すとなると、自分の神経が病んでいるのでは?と気の弱い人は落ち込みます。
誰かに簡単に話せる内容でもないし

親が死ぬ夢は独立心の高まりを表します。親を殺す夢も同様ですから、驚かないでくださいね。

死んだ夢の中で悲しんでいるほど全体の意味は良くなり、あまり悲しくないのは、弱気や迷いが心底にまだあるようです。

☆せれぶまま夢占い館
http://serebumama.cocolog-nifty.com/yume/2005/04/post_dd00.html


もしかしたら、自分の中での甘えを捨てよということか。

夢の意識的には、母親は死んだ。

つまり、夢を追うチャレンジしても誰にも迷惑はかからないということ。

考えてみたら、母親のために、この今までの生き方が存在していた。

それを今、放棄しようとしている。




また別の日に、飛び降りるような夢を見る。

車で走ってると道の先が無いみたいな。

マリオカートレインボーロードような夢だ。


どうも落ちる夢というのはこんな意味があるらしい。

基本的な意味
* 象徴
* 自信の低下・減退の象徴
* トラブル・危険に対する警告
* 体調悪化の暗示・体調管理に注意の警告
* 周囲の信頼を失う事を恐れる心境の象徴
* 孤独な状況の象徴
* 現実世界での行き詰まりの心境の象徴
* 性的不安の象徴

夢事典・夢診断Wikidream/出来事/落ちる・落下する
http://funyara9.com/dream/?%BD%D0%CD%E8%BB%F6%2F%CD%EE%A4%C1%A4%EB%8E%A5%CD%EE%B2%BC%A4%B9%A4%EB


周囲の信頼を失う事を恐れる
孤独な状況
現実世界での行き詰まり


・・・うーん。まさに。


すべて、フラットにするんだ。そりゃ不安だよな。


夢の意味ってのは、心理状態をあらわす。

ってのが、あらためてわかったのだった。



「僕の夢は歌手になることです。」


小学生が言うなら良いよ。

26歳の音楽経験がほとんど無いサラリーマンが言ってみた。

小学生の時の僕が見たら、えっ、まじお前何やってんの!?と言われる。


仕事について

「りすとらなう」のたぬきちさんのブログ。

先日のエントリが沖縄についての内容だった。

会社員を辞めた彼の、働くことに対しての文章が何とも胸を打つのだった。

人は、やる仕事がないと生きていけない。僕も今の仕事は不安定で、仕事がなくなる不安もあるので、よくわかる。
そして仕事があっても低所得だとやはり辛い。
これは、定収が乏しいというだけじゃなくて、生きてる実感が得られにくいとか、社会につながってる感じが乏しくなるとか、自分への尊厳を保てないといったことだ。
大金があれば働かなくとも悠々自適に生きていける、と思うでしょ? 
そんなことない。
人間はそんなに強くないのだ。働かないことは辛いのだ。
働くことも辛いけれど、仕事がないことの辛さは格別だ。
こういうことは会社員時代はまったく気づかなかったな。甘ちゃんだった。

新・リストラなう日記 たぬきちの首
http://d.hatena.ne.jp/tanu_ki/20110629


これはもう、一番自分の中で戦わなくてはいけない部分だと思う。

先日、会社を1日休んだ。

朝からマックに行って、ブログの記事を書いてという感じ。

帰り道にすげえかわいいお姉さんを見つけて。

外に出たらとんでもなく清々しい青空で。

踏み切りわたって暑いなあと歩いて。

平日の昼間っからTシャツジーパンで歩く自分に、
お姉さんが求めるかもしれない、社会的価値もないのかなあと思う。


仕事の電話も時折り鳴るが、自分独りがいないことで、世の中なんてそうそう変わらないのだ。


それは自由への喜びであり

仕事がなけりゃ、誰からも必要とされない、自分のちっぽけな存在への悲しみでもある。


1日時間を与えられてみて思うのは、サラリーマンというのが如何に突き詰められてやっていたか。

そして、意識しないでも他人とつながらないと仕事がまわらない世界なのだ。


なにもない状態で、すべて自分で心をコントロールするのは、多分難しい。

ルールを単純化して落とし込むか、やっぱり社会とのつながりをどっかに持たないと行けないかな。

よっぽど心が強い人間じゃないときついな。

どこまで、保てるだろうか。


とはいっても


僕は小学生の時の自分に、謝らなければいけない。



もう会社辞めるって言っちゃった。


ごめんなさい。


もっと怖い夢でも何でも来い。


それくらいの心意気でがんばらないと。